「TTArtisan 7.5mm f/2 C Fisheye」 対角魚眼レンズを使ってみました

Nikon Zマウントの対角魚眼レンズ(DXフォーマット対応)「TTArtisan 7.5mm f/2 C Fisheye」を使ってみました。マニュアルフォーカスですので一般撮影には使いにくい(Fマウントのニコン純正AF魚眼レンズをFTZ経由で使うほうが快適)ですが、開放F値が2と明るいことから天体撮影用として注目しています。今回は昼間の撮影でF5.6に絞りましたが、出来るだけ早く絞りを開けて天体を撮影してみたいと思います。

海岸に漂着したエチゼンクラゲです。今年は久々に大量発生しそうです。
etizenkurage_210907_z5_dx_0093_1200.jpg

海岸で撮影した日暈です。


このレンズは金属製のしっかりした作りで、ヘリコイド等の操作感も良好です。但し、私が購入したものは∞にピントが合わない初期不良があり、いきなり修理(もちろん無償)となりました。
210828_03.jpg

中古品紹介:ニコン10cm屈折赤道儀用の架台セット(その2)

ニコン10cm屈折赤道儀用架台セット(委託品)の販売準備を進めています。近日中にヤフオク店に出品しますので、奮ってご入札下さい。

タカハシFSQ-85EDPを搭載しました。赤道儀の耐荷重は公称18kgあり、余裕たっぷりです。ウェイト(公称5.5kg)は2個取り付けてありますが、1個でバランスします。
210906_02.jpg

両軸にモータードライブを装着しました。モーターはビクセンMT-1と同じもの(ステッピングモーター)で、コントローラーはビクセンDD-3です。快調に動作しています。


モーターと減速ギアは下の画像のように実装されています。
210906_03.jpg

新規入荷の中古品

新規入荷の中古品の中からニコン10cm屈折赤道儀用の架台セット(赤道儀+モータードライブ+ピラー脚)を紹介します。

モータードライブは改造品(ビクセンDD-3コントローラー使用)です。ピラーは長短2種類が付属します。また、タカハシ製鏡筒バンドを接続できるプレートとビクセン規格アリミゾが付属します。

本商品は委託品となります。ヤフオク店に出品する方向で検討中ですが、まだ確定していません。販売開始まで少々お待ち下さい。宜しくお願い致します。

タカハシ「TOA-645フラットナー」新発売!

タカハシからラージフォーマット対応高性能フラットナー「TOA-645フラットナー」が新発売! 販売終了となった67フラットナーに代わる製品で、TOA-130とTOA-150ごとに最適な光学設計の解を追求し、妥協が一切無い対物レンズの性能を100%生かす製品とアナウンスされています。星像が極めてシャープ(中心で1ミクロン、φ60mmで5ミクロン)で、周辺光量も豊富です。取り付けネジはM72P1で、現行のTOA-130NS、TOA-130NFBとTOA-150Bの他、歴代TOAの全機種で使用できます。

仕様や性能の詳細はタカハシのWEBサイトでご確認下さい。システムチャートも公開されています。

【価格】
TOA-645フラットナー130セット:¥59,400
TOA-645フラットナー150セット :¥69,300
<オプション>
カメラ回転装置(TSA-102):¥26,400
67フラットナー延長筒 :¥8,250
カメラマウントDX-WR(EOS):\12,100
カメラマウントDX-WR(Nikon):\12,100
9/7新発売! ご注文お待ちしています。

今日の太陽黒点

今日の金沢は快晴です。太陽黒点を撮ってみました。

【撮影データ】
カメラ:Nikon D850
レンズ:AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
テレコン:TC-20EIII(f=1000mm f/8)
減光フィルター枠:euro EMC SF100 600-106(笠井トレーディング扱い)
減光フィルター:BAADER アストロソーラー D5
絞りF10、1/500秒、ISO100、AF、手持ち撮影

sun_210829_d850_1000mm_f10_2468_900.jpg

ビクセン情報誌So-Ten-Ken最新号(無料です)

ビクセンの無料情報誌So-Ten-Ken最新号(2021年秋号)が届きました。11月19日の部分月食(ほぼ皆既月食!)が大きく取り上げられていますので、ぜひ参考にして頂き、観望・撮影機材は早めに入手されることをお勧めします。(コロナの影響もあり、品薄や納期のかかる商品が増えています。)



210826_02.jpg

Nikon Z 6 II をHKIR改造しました

ニコンのFXフォーマット(35mmフルサイズ)ミラーレスカメラ、Z 6 II を購入し、ハヤタ・カメララボのHKIR改造を施しました。今後、星景や星野を中心とした天体撮影に活用したいと思います。レンズは以下の3本を揃えました。

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
NIKKOR Z 50mm f/1.8 S
銘匠光学 TTArtisan 7.5mm f/2 C Fisheye

カメラとレンズを並べてみました。「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」 には「Kenko MCプロテクター NEO」の112mm薄枠タイプを装着しています。薄枠のフィルターを用いないとケラレが生じますので注意が必要です。なお、このレンズには後方にシートフィルターが装着できますので、ソフトフィルターを用いた星景・星野撮影にも活用できます。(超ワイドレンズの場合、フロントにソフトフィルターを装着すると周辺の星が楕円形に歪んでしまいます。)


ニコンFマウントのレンズもマウントアダプターFTZ経由で装着できて便利です。
210828_02.jpg

「TTArtisan 7.5mm f/2 C Fisheye」を装着しました。APS-Cサイズ(Nikon DXフォーマット)用の対角魚眼レンズです。フルサイズ用ではありませんが、開放F値が2と明るいため、天体撮影用として威力を発揮するかもしれません。性能は未知数ですので、いろいろ試してみるつもりです。
210828_03.jpg

サマーセールは8月29日(日)で終了します

当店独自のサマーセール、いよいよ8月29日(日)で終了します。ご好評につき、可能な範囲で商品を追加しています。大変お買得となっていますので、ぜひご検討下さい。ご不要機材の買取や下取も大歓迎です。ぜひご相談下さい。

● サマーセール会場はこちらです。


協賛中のサイトロンジャパン決算セールも8月29日(日)で終了します。こちらもぜひご検討下さい。

8月の野鳥

8月を迎え、シギ・チドリ類の渡り(繁殖地から越冬地へ)が本格化してきました。これまでは成鳥が主体でしたが、今後は幼鳥の渡りが本格化します。時にはカラフトアオアシシギやヘラシギといった希少種に出会えることもあり、目が離せません。

【キリアイ】
旅鳥のキリアイです。東南アジアなどの暖地へと移動中です。


【オオメダイチドリ】
オオメダイチドリの幼鳥です。今年はよく見かけます。
oomedaitidori_210823_d850_0485_1200.jpg

【キョウジョシギ】
成鳥です。例年、9月に入ると幼鳥が入ってきます。
kyoujosigi_210823_d850_0850_1200.jpg

【オバシギ】
旅鳥のオバシギ幼鳥です。
obasigi_210823_d850_1673_1200.jpg

【クロサギ】
こちらは留鳥のクロサギです。海辺に生息しています。
kurosagi_210823_d850_1776_1200.jpg

【セイタカシギとコアオアシシギ】
休耕田で見かけました。淡水を好むシギです。
seitakasigi_koaoasisigi_210823_d850_2133_1200.jpg

【ハジロコチドリ】
ちょっと珍しいハジロコチドリ成鳥です。9月になると幼鳥を見かけることもあります。
hajirokotidori_210811_d850_8734_1200.jpg

【サギいろいろ】
水のある休耕田にはサギ類も集まってきます。ダイサギ、チュウサギ、アマサギが写っています。
_daisagi_chusagi_amasagi_210811_d850_9099_1200.jpg

海辺は広々として障害物も少ないため、雲などの撮影にも適しています。対角魚眼レンズ(AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED)で撮影しました。
210823_d850_0748_1200.jpg

こちらは円周魚眼レンズでの撮影です。
210823_d850_0762_880.jpg

【撮影データ】
カメラ:Nikon D850
レンズ:AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
テレコン:TC-14EII

新規入荷の中古品:中判フィルムカメラ

今日は珍しく中判フィルムカメラの中古品が入荷しました。デジタルの時代でも根強い人気のある2機種です。

【HASSELBLAD 905SWC】
38mm F4.5ワイドレンズ(対角90°)搭載の6x6判カメラです。120フィルムバック、220フィルムバック、保護フィルター、偏光フィルターなどが付属します。


レンズはツァイスのBiogon 38mm F4.5 T*です。
210821_04.jpg


【PLAUBEL 69W proshift】
スーパーワイドレンズ付き6x9判カメラです。1981年に発売された古いものですが、問題なく動作します。横方向15°(13mm)、上方向17.5°(15mm)のシフトアオリが可能です。ドイツのプラウベルブランドのカメラですが、マミヤで製造されました。フィルムホルダーはマミヤプレス用がベースとなっています。
210821_01.jpg

レンズはシュナイダー製SUPER ANGULON MC F5.6 47mmで、画角は対角93°です。周辺減光を補正するためのセンターフィルターが付属します。
210821_02.jpg

PLAUBELブランドのカメラと言えば、1978年に発売され、かつて愛用していたmakina67を思い出します。NIKKOR 80mm F2.8レンズ付きの6x7判カメラで、中判としてはコンパクトでレンズ性能も優れていました。
リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ