アメリカ横断皆既日食に向けて

 アメリカ横断皆既日食まで1カ月を切りました。撮影&観望機材がほぼ固まりましたので紹介します。搭乗する飛行機の関係もあって預け荷物の重量制限が厳しいため、軽量化を重視しています。

 撮影はタカハシFS-60CB(FC/FSマルチフラットナー1.04x付き、f=370mm F6.2)、そしてNIKKOR Z 600mm f/6.3(Z TELECONVERTER TC-2.0x装着、f=1200mm f/13)で行います。2本のレンズはビクセンAP赤道儀に搭載し、ウェイトレスで運用します。三脚はジッツオGT4553S(4型5段カーボン)です。カメラボディはNikon Z 9とZ 6 II(HKIR改造品)を使います。また、カメラの液晶モニターは小さくて見にくいため、7インチの外部モニター(HDMI切替器を利用し、2台のカメラの画面を切替えて表示)を使います。その他、リモートコード、アストロソーラーフィルター、日除けの傘、そしてエクリプスナビゲータ5をインストールしたPCを持ち込むつもりですが、PCは補助的に使う程度に留めるつもり(まったく使わないかも)です。



240313_02.jpg


 その他、対角魚眼レンズで本影錐の移動などを記録するつもりです。観望機材はフジノン16x28防振双眼鏡を持参します。
240313_01.jpg

 私の行先はメキシコ合衆国のシナロア州マサトランです。メキシコに無税で持ち込み可能な機材は望遠鏡1台、双眼鏡1台、カメラ2台、ノートパソコン1台などとされていますが、詳細はよくわかりません。(例えばカメラボディ2台+交換レンズ3本を持参するとどう扱われるのか、どこにも書かれていません。)高額な税金(機材購入額の16%らしいです)を徴収されるかもしれませんが、まあそれは仕方ない(そんな理由で機材を絞りたくない)と思っています。

  2017年8月21日の皆既日食です。アメリカ合衆国オレゴン州ワームスプリングスで撮影しました。
tse_7207_112_2_04_03_dn_2_1_4k_1280.jpg
リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ