乗鞍岳・畳平にて

 先週、乗鞍岳の畳平(標高2702m)まで行ってきました。マイカーで行けた頃(2002年以前)は天体撮影のメッカとして有名だった場所ですが、私の目的は野鳥撮影(高山に生息するライチョウ、ホシガラス、イワヒバリ、カヤクグリ)です。

 いつもは岐阜県側から乗鞍スカイラインを通って行くのですが、今年は通行止めになっていることから長野県側の乗鞍エコーラインを利用しました。乗鞍高原でバスに乗車して50分ほどで到着。その後は野鳥を探して付近のハイマツ帯を中心に散策しました。9月~10月頃はホシガラスがハイマツの種子を貯食する時期で、出現頻度が高くなります。

 
【ホシガラス】
亜高山帯~高山帯に生息する野鳥です。ガーッ、ガーッという鳴き声があちこちから聞こえてきました。


【イワヒバリ】
高山のハイマツ帯などに生息する野鳥です。
iwahibari_101002_d300s_0231_1200.jpg

【カヤクグリ】
亜高山帯~高山帯に生息する日本固有種です。
kayakuguri_200622_d850_7908_1200_3.jpg

【霧の中のライチョウ】
今回は好天のためかライチョウを見ることができませんでしたので、2009年9月13日に畳平で撮影した画像を貼っておきます。天候が悪化して霧が出て来ると出現頻度が高くなるようです。
raicho_090913_d300_0071_1200.jpg

乗鞍岳は紅葉シーズンを迎えていましたが、今年の紅葉は夏の猛暑の影響か、あまり綺麗ではないようです。
231003_z9_5230_1200.jpg

231003_z9_5127_1200.jpg

231003_z9_5607_1200.jpg

231003_z9_5201_1200.jpg

槍ヶ岳です。
231003_z9_5521_1200.jpg
リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ