タカハシMewlon-300CRSによる火星

当店のお客様がタカハシMewlon-300CRSで撮影した火星の最新画像が届きました。10月6日の最接近時の視直径は22.6"ですが、既に約18"の大きさになっています。今のところ砂嵐の発生もなく、表面の模様がよくわかります。今後がますます楽しみですね。

2020-08-25-1519_3-投稿用C

撮影データ
Scope=TAK Mewlon300CRS barlow3 ADC AutoStakkert!3 Registax6
Camera=ZWO ASI462MC
Filter=RGB
Profile=Mars
Diameter=17.93"
Magnitude=-1.65
CM=126.0° (during mid of capture)
Date=200825
Mid=151922.888
Mid(UT)=151922.888
Duration=221.625s
Frames captured=15000
ROI=800x800
FPS (avg.)=67
Shutter=4.865ms
Gain=340 (56%)
リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ