コンパクト赤道儀の極軸合わせに便利なレベリングユニット

スリックから新発売の「レベリングユニット2」はパノラマ写真や動画撮影時の水平出しを行うためのユニットで、三脚と雲台の間に装着して使います。±7.5°の角度調整が行えますので、その機能を応用すればアングルプレート付きコンパクト赤道儀(ポラリエ、ナノ・トラッカー等)の簡易極軸合わせが簡単に行えます。ロックリングを緩めて「北極星のぞき穴」を覗いて北極星を導入し、ロックリングを締め付ければ準備完了です。しっかりと固定でき、軽量かつ低重心の安定した撮影システムとなります。

「レベリングユニット2」本体の画像です。
150823_02.jpg

下の画像は「レベリングユニット2」を使ったコンパクト赤道儀システムの例です。以下のようなパーツを使っています。
 ・SLIK レベリングユニット2
 ・BORG アングルプレート35VP(ブラック)【3235】
 ・SLIK DS-30(アルカスイス互換規格のクイックシューアダプター)
 ・Vixen 星空雲台ポラリエ
 ・SLIK バル自由雲台
 ・Nikon Dfボディ
 ・AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

比較的重い機材(フルサイズ一眼レフ+大口径標準レンズ)を搭載していますが、しっかりと固定されます。低重心でバランスの崩れが少なく、極軸合わせの操作性も良好です。 BORGのアングルプレート35VPはアルカスイス互換ですので、対応するクイックシューアダプター(SLIK DS-30)を取り付けました。これにより機材の着脱性が大幅に向上し、とても使い易くなります。

本システムは当店オリジナルセット商品として特価でご提供する予定ですのでご期待下さい。店内で展示していますので、お近くの方はぜひご来店ください。また、ナノ・トラッカーを使うシステムも近日中に紹介できると思います。
150823_01_20150824233702ab8.jpg
リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ