スコープテック「ラプトル50」展示販売中です

 スコープテック製の入門機、「ラプトル50」を紹介します。総重量1.5kgと軽量で、小学校低学年のお子さんでも一人で容易に持ち運んで天体観望が楽しめます。滑らかに動くフリーストップ経緯台が採用され、微動装置なしでも星の導入や追尾がスムーズに行えます。取扱説明書はもちろん、A4版オールカラー50ページの「天体観察ガイド」が付属しているのもお勧めできるポイントです。気になる価格は税込13,900円とリーズナブル。天体に興味を持ったお子さんが初めて使う天体望遠鏡としてイチオシの逸品です!

【主な仕様】
対物レンズ:日本製アクロマートレンズ(口径50mm、焦点距離600mm)
接眼レンズ(24.5mm径):K20mm(30x)、F8mm(75x)
架台:微動装置なしの簡易フリーストップ経緯台
三脚:金属製(伸縮機能なし、開き止め付き)長さ89cm
その他の付属品:天頂ミラー、組立・取扱説明書
保証期間:1年間

 「ラプトル50」は当店内にて展示中です。ぜひ実物の操作性や重量感、そして見え味などを確認して頂ければと思います。なお、三脚の高さが低めですので、アウトドア用の椅子などがあると落ち着いてゆったりと観望できると思います。



230928_02.jpg

230928_03.jpg


【余談】
 私が初めて(50年以上前・・・汗)買った天体望遠鏡は口径80mm、焦点距離1200mmのコルキット(シングルレンズで鏡筒は厚手のボール紙)でした。小遣いをためて金沢市広小路にあった北陸模型という販売店に一人で出向いて購入したことを思い出します。価格は1,500円でした。

 この望遠鏡に付属していた接眼レンズはR12mmのみでした。倍率100xというかなり無謀な仕様だったのですが、微動装置のない木製の粗末な経緯台に載せ、頑張って月や惑星を見て楽しんだことを思い出します。シングルレンズでしたので色収差が強烈で、虹色に輝く金星などが強く印象に残っています(汗)。そんな感動を、ぜひ今の子供たちにも体験してほしいと願っています。

中秋の名月

 先ほど自宅で撮影した中秋の名月です。前景を生成AIに描かせましたが、使い物にならないという結論です(苦笑)。



「夜の見附島」と入力すると、こんな前景が出てきました(笑)。
meigetu_230920_5064_03_mitukejima.jpg

「タカハシ31.7 2×バロー」最後の1個になりました!

 数量限定で販売を再開(最終販売)していた「タカハシ31.7 2×バロー」ですが、遂にメーカー在庫切れとなり、当店の在庫も残り1個となりました。新品を手に入れる最後の機会ですので、ぜひご検討下さい。

9月30日追記:完売となりました。ありがとうございます。
takahashi_2x_barlow_317_01.jpg
 以下、タカハシWEBサイトからの引用です。

・FS系などの収差を良好に保ちながら焦点距離を2倍に延長するアメリカンサイズのショートバロー
・FSQ、SKY等の短焦点屈折は、EXQ-1.6×を使用した後に取り付けた方が収差は良好
・ショートバローなので天頂ミラーに直接差し込んでもミラーに当たる事が無く、またピント位置も殆ど動かない同焦点設計
・ご注意:FSQに使用した場合、直接接眼アダプターに取付けてドロチューブを格納すると後玉レンズにキズを付けます。




 新型アイピース「タカハシTPLシリーズ」も好評発売中です。展示していますので、ぜひ手に取ってご覧下さい。

 「タカハシTPLシリーズ」は、既に販売終了となったAbbeシリーズ、LEシリーズの後継モデルです。TPLシリーズでは、高屈折低分散ガラスを使用して中心部の色収差がAbbeシリーズの約半分、LEシリーズの約2/3と、対物レンズの像質をそのまま目まで届ける光学設計になっているほか、可視光全域で99%以上を透過する多層膜コートがレンズ全面に施され、迷光の入りにくさなども考慮されています。また、良質なバローレンズとの相性が良く、視野の隅々までほぼフラットフィールドになるとアナウンスされています。詳細はタカハシのWEBページでご確認下さい。価格は以下の通りです。(共通仕様:2群4枚構成、見掛視界48°)

TPL-12.5:22,000円(アイレリーフ9mm、質量90g)
TPL-18:22,000円(アイレリーフ13mm、質量110g)
TPL-25:24,200円(アイレリーフ18mm、質量140g)









タカハシ最新カタログについて

 タカハシ天体望遠鏡の総合カタログと価格表が届きました。旧カタログに記載されている価格の中には改定されているものが幾つもあります。現在の価格は、今回入荷した最新の価格表でご確認下さい。



その他、最近のタカハシ関連トピックス
 ● TOA-150Bの受注が一時停止となりました。(9/22付)
 ● FC-100DZの受注が再開されました。(9/15付)

Nikon Z f について思うこと

 「FM2 にインスピレーションを得て」デザインされた Nikon Z f の登場が話題になっていますが、どう見ても銘板周りはFMではなくFE系のデザインです。個人的には丸っこいFE系よりもシャープなFM系のデザインが好きですので、ちょっと違和感があります。また、FMやFE系のカメラにはなかったグリップが付いています。これはF3を連想させるものですが、特徴的だった赤い縦線がないことに違和感があります。また、Z fc もそうでしたが、上下カバーの側面が垂直に立っていません。これも昔のフィルムカメラとは異なる点で、安っぽさを感じてしまいます。・・・・と、外観については辛口評価(あくまで個人的見解)ですが、中身は最先端で Z 6 III を先取りしている感じです。ただ、リモートコードMC-DC2が使えなくなっている点(ワイヤレスリモコン ML-L7は使えますが・・・)が非常に残念です。個人的には、リモコンは有線接続で使うほうが安心ですので。

 以上、一部の人にしか意味の分からない記事ですみません(汗)。



230927_02.jpg

笠井トレーディング GS-200RC 中古品の販売を開始!

 笠井トレーディングの D=203mm F8 リッチークレティアン鏡筒「GS-200RC Losmandy互換アリガタ金具仕様」中古品の販売を開始しました。TS Optics製を中心とした関連アクセサリーも同時に販売を開始していますので、ぜひご検討下さい。何れも使用感の少ない美品です。

● 中古品販売コーナー


大口径マクストフカセグレン BOSMA MK24020 中古品

 本日の入荷から。BOSMAブランドのD=200mm f=2400mm F12 マクストフカセグレン鏡筒(中古品)です。BOSMAは中国のメーカーで、日本ではあまり馴染みのないブランドですが、iOptron、OrionなどへのOEMメーカーとしても知られています。販売準備中ですのでご期待下さい。


230924_02.jpg

笠井トレーディングからGS-300CCが新発売!

 笠井トレーディングの純カセグレン鏡筒シリーズに、最大口径となるGS-300CC(D=304mm f=3648mm F12)が加わりました。口径25cmモデルのGS-250CCと同様の極低膨張カーボントラス鏡筒が採用されています。GS-250CCの税込価格が506,000円なのに対し、GS-300CCの税込価格は638,000円と抑えられているのも魅力的です。大口径機をご検討の皆様、ぜひGS-300RCを候補に加えて下さい。ご注文お待ちしています。

 GS-300CCの詳細は笠井トレーディングのHPでご確認下さい。(リンクしています)

 下の画像はGS-250CC初期型です。GS-300CCも、ほぼこれと同じ構造ですが、ファインダー台座は標準規格品(ビクセン互換)が2ヵ所に装着されています。



GS-250CCについては以下のブログ記事をご参照下さい。
● GS-250CC中古品の展示を開始しました
● 笠井トレーディング GS-250CCによる月面
● 笠井トレーディングGS-250CCの展示を開始!

星もと土産

 「星をもとめて」への出店後、るり渓温泉でお土産を買って帰りました。いつものように早い者勝ちの食べ放題ですので、お早めにご来店下さい。


「星をもとめて」ご来店ありがとうございました

 京都るり渓温泉で開催された星まつり「星をもとめて」に出店させて頂きました。厳しい残暑の中、多くの天文ファンの皆様にご来場頂き、会場内は大賑わい。今年もまた素晴らしい星まつり(運営、規模、内容、そして御来場の皆様をはじめとする全体的な雰囲気)でした。運営委員やボランティアスタッフの皆様に、またご来場頂いたお客様に感謝します。(出店各社の顔ぶれを見るだけでも、この星まつりがあらゆる参加者から支持され、行きたいと思われていることがわかります。)

 当店ブースでは中古品、ジャンク品などを特価販売しました。通販や実店舗でお世話になっているお客様に、関西はもちろん九州、四国、中国地方、そして当店地元の北陸からもご来店頂いたことに驚き、また感謝しています。

 今年の主要な星まつりはこれで終了したと認識しています。来年のことはまだわかりませんが、出店するなら「星をもとめて」一択になると思います。

リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ