小笠原への旅(4)

母島で見かけた野鳥を紹介します。小笠原諸島だけで見ることのできる固有種・固有亜種のほか、迷行してきたと思われる旅鳥も確認できました。

【メジロ】
本州でも普通に見られるメジロですが、母島でもハイビスカスの花に群がるなど、個体数が多かったです。また、母島固有種のメグロと共に行動していることもありました。
mejiro_201108_d500_9536_1200.jpg

【メグロ】
世界中で母島だけに生息しているメグロ(亜種ハハジマメグロ)です。小さな虫を捕らえました。
meguro_201108_d500_9799_2_1200.jpg

【オガサワラヒヨドリ】
小笠原固有亜種です。本州のヒヨドリより茶色味が強いのが特徴です。
ogasawarahiyodori_201109_d500_0934_1200.jpg

【ハシナガウグイス】
小笠原固有亜種のハシナガウグイスです。本州のウグイスより嘴が長く、囀りも違います。
hasinagauguisu_201109_d500_0570_1200.jpg

【オガサワラノスリ】
こちらも小笠原固有種です。本州のノスリより全体的に色彩が淡いと言われています。
ogasawaranosuri_201109_d500_1191_1200.jpg

【イソヒヨドリ】
イソヒヨドリは小笠原固有種ではありませんが、母島には非常に多く生息しています。
isohiyodori_201108_d500_0145_1200.jpg

【タゲリ】
1羽単独でしたので迷行かと思います。本来の越冬地に無事たどりつけると良いのですが。
tageri_201108_d500_0260_1200.jpg

【ミユビシギ】
こちらも1羽単独でした。やはり迷行かと思います。ちなみにタゲリもミユビシギも石川県では数百羽の群れが越冬します。
miyubisigi_201109_d500_0894_1200.jpg

【ムナグロ】
こちらは20羽以上見かけましたので、母島で越冬するのかもしれません。石川県では旅鳥で、春と秋に見かけます。(その5に続く)
munaguro_201109_d500_0631_1200.jpg

小笠原への旅(3)

母島の風景を紹介します。まずは母島から見た太平洋(島の西側)です。母島の気候ですが、11月上旬とは言え高温(最高気温が30℃弱)多湿で少し歩くと汗だくになりました。


母島には都道241号線が南北に通っていますが、その最北端の北港です。昔はこの周辺に集落があったそうですが、今は誰も住んでいません。
hahajima_201107_d500_9316_1200.jpg

北港側から見た都道241号線です。
hahajima_201107_d500_9329_1200.jpg

北港近くにある北村小学校跡地です。ガジュマルの木が生い茂っています。
hahajima_201108_d500_0216_1200.jpg

眼下に見えるのは母島北東側に位置する東港の防波堤です。
hahajima_201107_d500_9355_1200.jpg

都道241号線には小笠原固有種をあしらった道路標識があちこちにあります。こちらは小笠原固有亜種のアカガシラカラスバトです。
hahajima_201107_d500_9309_1200.jpg

母島固有種のメグロ(亜種ハハジマメグロ)が描かれた標識です。
hahajima_201107_d500_9285_1200.jpg

御幸之浜(みゆきのはま)にて。母島の南端まで見渡せます。また、非常に透明度の高いボニンブルーと呼ばれる海が広がります。左手前の植物はアオノリュウゼツラン(外来種)ですが、枯れて倒れています。花期には野鳥やオガサワラオオコウモリが蜜を吸いに来るそうです。
hahajima_201109_d500_1228_1200.jpg

御幸之浜は12~5月にかけてザトウクジラが見られるそうです。
DSC_1573_1120.jpg

南京浜にて。この浜に出る遊歩道でメグロやハシナガウグイスを見ました。
hahajima_201108_d500_9857_1200.jpg

南国らしいパパイヤの木です。実が熟して黄色くなるとメグロなどの鳥が食べに来ます。
hahajima_201108_d500_0331_1200.jpg

都道241号線、南側の終点です。標識に描かれているのはオカヤドカリです。この先には車が通れる道路はなく、遊歩道を歩くしかないです。
hahajima_201108_d500_9471_1200.jpg

都道最南端を示す案内板です。(その4に続く)
hahajima_201108_d500_9608_1200.jpg

今日(12/1)の太陽黒点

今日も晴れましたので、太陽黒点を撮影しました。なお、昨日と今日は定休日ですが、中古品の入荷ラッシュとなっているため休日出勤でした。嬉しい悲鳴です。ありがとうございます。

【撮影データ】
撮影年月日:2020年12月1日11時2分
カメラ:Nikon D850
レンズ:AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
テレコン:TC-20EIII(1000mm F8)
減光フィルター:euro EMC SF-100-6(笠井トレーディング扱い、フィルターそのものはBaader社製アストロソーラーND5)
絞りF8、1/1250秒、ISO100、手持ち撮影
sun_201201_d850_5953_900.jpg

今日(11/30)の太陽黒点

今日も晴れ間がありましたので太陽黒点を撮影しました。

【撮影データ】
撮影年月日:2020年11月30日11時1分
カメラ:Nikon D850
レンズ:AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
テレコン:TC-20EIII(1000mm F8)
減光フィルター:euro EMC SF-100-6(笠井トレーディング扱い、フィルターそのものはBaader社製アストロソーラーND5)
絞りF8、1/1250秒、ISO100、手持ち撮影

小笠原への旅(2)

11月7日、夜が明けるとそこは南国。気温も上がり、本州には殆どいないカツオドリが飛んでいました。


小笠原諸島が見えてきました。左が聟島(むこじま)、右が「針の岩」です。
201107_d500_7498_1200.jpg

遠くをクロアシアホウドリが飛びました。
kuroasiahoudori_201106_d500_7553_1200.jpg

いよいよ父島が近くなってきました。
chichijima_201107_d500_7625_1200.jpg

父島の二見港が見えてきました。
DSC_1449_1200.jpg

二見港で「ははじま丸」に乗り換えて母島の沖港へ。2時間の航海です。
DSC_1458_2_1120.jpg

父島南部にある赤いハート型の絶壁、ハートロックです。ははじま丸のデッキから撮影しました。
heart_rock_201107_d500_7768_1200.jpg

母島が見えてきました。
hahajima_201107_d500_8223_1200.jpg

母島をバックに飛ぶカツオドリです。船に反応して飛び出す魚(トビウオなど)を狙って付いてきます。
katuodori_201107_d500_9015_1200.jpg

魚を見つけると海に飛び込んで捕食します。
katuodori_201107_d500_8694_1200.jpg

食べ終わると飛び立ちます。
katuodori_201107_d500_8756_1200.jpg

そうこうしているうちに母島に到着。沖港にはクジラのモニュメントがありました。後方の崖の上には展望台と月ヶ岡神社がありますが、ここはバードウォッチングポイントの1つでもあります。
DSC_1502_1120.jpg

月ヶ岡神社の入口です。階段を100段ほど登ると鳥居があります。
DSC_1507_1120.jpg

母島滞在中はクラフトイン・ラメーフというペンションに宿泊し、レンタカーで島内をあちこち巡りました。あ、そうそう。母島のレンタカーは品川ナンバーです。(その3に続く)
DSC_1505_2_1120.jpg
リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ