今週の野鳥

昨日は石川県内の海岸で野鳥を撮影してきました。金沢市の最高気温が37.3℃と暑い日でした。

久々に綺麗な彩雲を見ました。
(Nikon D850、AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR)
saiun_200811_d850_3481_1200.jpg

【キアシシギ】
旅鳥のキアシシギです。
kiasisigi_200811_d850_3337_1200.jpg

【ミユビシギ】
北極圏からオーストラリア南部まで渡って越冬(オーストラリアは夏ですが)する群れが通過中です。早くもライトグレーの冬羽が出ています。この場所から越冬地までの距離は8000kmほどあります。長旅お疲れ様です。
miyubisigi_200811_d850_1739_1200.jpg

【ミサゴ】
魚専門のハンターです。
misago_200811_d850_3236_1200.jpg

【クロサギ】
クロサギも海岸で魚を狙うハンターです。
kurosagi_200811_d850_2957_1200.jpg

野鳥の共通データ
Nikon D850
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
TC-14E II

タカハシ EM-11 TEMMA3赤道儀を展示中です

8月8日に紹介させて頂いたタカハシ EM-11 TEMMA3赤道儀ですが、スマートフォン(SkySafari 6使用)からでワイヤレスで導入できるようになったほか、パソコンへの有線接続がUSB2.0またはRS232Cケーブルで直結できるようになりました。

8月15日までの期間限定で展示中!


今日はEM-11 TEMMA3をUSBケーブルでパソコンに接続し、ステラナビゲータ11からコントロールできることを確認しました。接続にあたっては、説明書の記述に従ってドライバをインストールしておく必要があります。当店の環境(Windows 10 Professional 64bit)では、ドライバのインストールにより生成されたCOM4ポートを介してコントロールできるようになりました。望遠鏡は「Temma2/2 Jr.」を選択します。
200810_03.jpg

運用中の画面です。TEMMA3とパソコンとの接続はUSBケーブル1本のみです。導入中は、望遠鏡がどこを向いているかステラナビゲータ11の画面にリアルタイムで表示されます。
200810_02.jpg

SHARPSTAR 61EDPH II 続報

昨日紹介させて頂いた SHARPSTAR 61EDPH II(専用レデューサー付き)のテスト撮影に向け、準備を完了しました。

まず、鏡筒前後のバランスを取るため鏡筒バンド上部に付いている取っ手状のプレートを下に移動して前後逆に取付け、その下にビクセンのスライドバーM(少し長めのアリガタ金具)を装着してみました。(1/4インチネジ+M6ネジで固定。標準付属のアリガタ金具は取り外しました。)

カメラを取り付けた状態で問題なく前後バランスが取れ、カメラへの干渉もなく十分に実用できそうです。なお、準備の過程で鏡筒バンドを完全に締め付けても鏡筒が動くことに気付き、内面にBORGの植毛紙を追加して対策しました。また、伸縮式フードもグラグラしていましたので、内部に植毛紙を貼り付けました。赤道儀はビクセンAP(2軸モーター付き)です。
200809_02.jpg


鏡筒バンドを店内に転がっていたメーカー不明品(2個1組)に交換してみました。このほうが純正バンド+プレートより強固に固定でき剛性がアップしましたので、この組み合わせで撮影する計画です。
200808_06.jpg


別角度から。
200808_07.jpg

専用レデューサーです。2個のパーツ(レデューサー本体+M48Tリング取付けアダプター)で構成され、アダプター内部にM48フィルターが装着できます。レデューサー本体には双方向にM63ネジが切ってあり、前後逆に装着することもできます。逆に装着してもそれなりに像を結び、ファインダー像を見た程度では気付かない恐れがありますので注意が必要です。
200808_10.jpg

当店前の風景を撮影してみました。(Nikon D850、トリミングなし)
F4.5と明るく、フォーカスエイドで容易にピント確認ができました。出来るだけ早く天体の試写を行い、結果をお知らせしたいと思います。
200809_01.jpg

【8月10日追記】
当店のお客様にお願いして撮影した天体画像を貼っておきます。画像は今後も追加して行く予定です。
(Nikon D810A、トリミングなし)
ami_200809_61edph2_2_1316.jpg

SHARPSTAR 61EDPH II 新発売!

SHARPSTAR 61EDPH II (D=61mm f=335mm F5.5 3枚玉EDアポクロマート屈折鏡筒)が8月7日に新発売! 専用レデューサー(3枚玉、f=274mm F4.5、イメージサークル44mm)と共に展示を開始しています。今後、実写画像も含めて詳細にレポートする予定です。

【価格】
SHARPSTAR 61EDPH II:税込80,850円 → 税込特価64,680円
F4.5 レデューサー For 61EDPH:税込34,375円 → 税込特価27,500円

対物フードとドロチューブを引き出した状態です。2.5インチラックアンドピニオン式マイクロフォーカサーを装備しています。
200808_01.jpg

鏡筒長(縮長)は約237mmとコンパクトです。重さは鏡筒バンドとドブテイルバー込みで約1.9kgです。接眼部がしっかりしていることもあり、特別に軽いわけではありません。
200808_02.jpg

3枚構成の対物レンズです。
200808_03.jpg

直焦点撮影には40~60mm程度の延長筒(別売)が必要です。
200808_04.jpg

専用レデューサーはM63ネジで固定します。延長筒は不要で、後方にM48Tリングをネジ込めば撮影できます。よく見ないと気付きませんが、レデューサー内部に48mmフィルター用のメスネジがあります。
200808_09.jpg

タカハシEM-11 TEMMA3赤道儀を展示中!

タカハシの新製品、EM-11 TEMMA3赤道儀を8月15日までの期間限定で展示中です。店内でデモ可能ですので、ぜひお越し下さい。

【税別価格】
EM-11 TEMMA3赤道儀:295,000円
リングレベル(EM-11) :8,900円
メタル三脚SE :94,000円
VBメタル三脚+EM-11架台AD+ボルト :69,800円
オートガイダーケーブルZ-A3 :8,000円

鏡筒はタカハシFC-100DZ(D=100mm f=800mm 2枚玉フローライトアポクロマート)です。三脚はタカハシ製の在庫がなかったため、古いミザール製(AR-1赤道儀用)に搭載しています。
200808_08.jpg


200808_11.jpg

タカハシMewlon-300CRSによる火星

当店のお客様がタカハシMewlon-300CRSで撮影した火星の最新画像が届きました。カメラが最新のASI462MCに変わっています。

火星の視直径は15"を超えましたが、10月6日の最接近(準大接近)時には22.6"に達します。梅雨も明けて気流の安定も期待できますので、今後がますます楽しみですね。

2020-08-04-1749_9-リサイズ投稿用

【撮影データ】
Scope=TAK Mewlon300CRS barlow3 ADC AutoStakkert!3 Registax6
Camera=ZWO ASI462MC
Profile=Mars
Diameter=15.03"
Magnitude=-1.17
CM=0.5° (during mid of capture)
Date=200804
Mid=174956.222
Mid(UT)=174956.222
Duration=204.140s
Frames captured=15000
ROI=1000x950
FPS (avg.)=73
Shutter=7.346ms
Gain=280 (46%)

笠井トレーディング GINJI-250N 中古品

笠井トレーディングの D=250mm f=1250mm F5 ニュートン反射鏡筒「GINJI-250N」中古品を紹介します。当店が新品で販売したワンオーナー品です。機材変更に伴い下取りさせて頂きました。

ドーム内に据え付けて使用され、とても良い状態です。かなり大きな機材で箱もありませんので、出来れば店頭渡しで販売させて頂きたい考えです。お問合せをお待ちしています。宜しくお願い致します。



200806_02.jpg

200806_03.jpg

新規入荷の中古アイピース

最近入荷した中古品の中からアイピース(新旧いろいろ)を紹介します。販売開始まで少々お待ち下さい。

200802_01.jpg

ビクセンR200SS中古美品・オーバーホール済み

ビクセンのD=200mm F4ニュートン反射鏡筒、R200SS中古品です。メーカーに依頼してオーバーホール済みで、外観も奇麗です。別売のコレクターPHやエクステンダーPHキットを使用することで高性能アストログラフとしても活用できます。近日中に販売開始予定ですので宜しくお願いします。

8月2日(日)~8月7日(金)は休業します

都合により8月2日(日)~8月7日(金)は休業します。その間もWEBからのご注文は可能ですが、発送は8月8日(土)以降となります。メールは休業中もできるだけチェックしますが、回答が遅れることもありますのでご了承下さい。ご不便をおかけして申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。なお、当店には盆休みはありません。

画像がないのも寂しいですので、7月17日にネオワイズ彗星を見に出かけた時に撮影した夕日の画像を貼っておきます。空は素晴らしい透明度でグリーンフラッシュがはっきり確認できましたが、雲が切れず彗星はまったく見えませんでした。

(スマホで撮影)


日没後の風景です。(スマホの対角魚眼風ワイドレンズで撮影)
200717_xperia_1097_1120.jpg
リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ