中秋の名月

今日は立山連峰から昇る中秋の名月を撮ろうと思い、河北潟干拓地へ。残念ながら超低空の雲に阻まれてイメージ通りの写真は撮れませんでした。下の画像は雲から抜けて全体が見え始めた時に撮影しました。空の透明度が悪く、非常に赤っぽい月でした。

カメラ:Nikon D850
レンズ:AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
絞りF4開放、ISO200、固定撮影

moon_210921_d850_500mm_7528_7532_2_dn_02_1200.jpg

中秋の名月が昇ってくる前に撮影した夕焼雲(前景は蕎麦畑)です。
Nikon Z 5、NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
210921_z5_14mm_0171_900.jpg

こちらは対角魚眼レンズでの撮影です。
Nikon Z 5、TTArtisan 7.5mm f/2 C Fisheye
210921_z5_dx_7p5mm_0175_1200.jpg

Astronomik Nikon Z用フィルター各種

ドイツ・Astronomik社のフィルターファミリーに、NikonフルサイズミラーレスカメラZ5/Z6/Z7用の各種天体撮影用フィルターが新たに加わっています。その中からCLS CCDフィルターを紹介します。IR改造カメラ用ブロードバンド光害カットフィルターで、光害の影響が大きい520nm~640nmと700nm以上の赤外域をほぼ完全にカットする特性です。

Astronomikのミラーレスカメラ用フィルターは、Nikon Z用の他にSONY α、EOS-R、EOS-M用も揃っています。フィルターのラインナップも、最近流行のナローバンドをはじめ非常に豊富です。詳細は輸入元である笠井トレーディングのWEBページでご確認下さい。

当店は笠井トレーディングの代理店として、これらすべてのフィルターを取り扱っています。ぜひご用命下さい。宜しくお願い致します。

210915_01.jpg

210915_02.jpg

Nikon Z 6II (HKIR改造品)に装着しました。Nikon Zマウントの交換レンズが利用できるほか、天体望遠鏡による撮影にも対応できて非常に便利です。
210915_03.jpg

石川野鳥年鑑2017

石川野鳥年鑑の2017年版が完成しました。発刊が遅れ気味ではありますが、日本野鳥の会石川の皆さんが頑張って編集している貴重な資料集です。2017年版には石川県初記録となったカナダカモメ、ハシブトアジサシ、フーキェンアオヒタキなどの写真が掲載されていますが、その中からカナダカモメとハシブトアジサシの画像を紹介しておきます。

表紙に描かれている鳥は石川県初記録のフーキェンアオヒタキです。(フーキェンとは中国の福建省を意味します。本来は、そのあたりに生息する野鳥です。)


2017年1月23日に私が発見したカナダカモメです。
canadakamome_170123_0859_1200_2021091520130109b.jpg

石川県初記録となったハシブトアジサシ幼鳥です。県内のバーダーから情報を頂き、撮影に行きました。
hasibutoajisasi_170829_1320_1200_202109152012000b3.jpg

その他、2017年に見られた珍鳥としてオニアジサシの画像も貼っておきます。2017年11月14日に私が発見しました。
oniajisasi_171231_d850_2238_1200.jpg

今週の野鳥

今日も海岸を中心に野鳥撮影してきました。シギ・チドリ類の渡りも終盤を迎えつつありますが、まだまだ目が離せません。

【トウネン】
今の時期、一番多いトウネン幼鳥です。今日は800羽以上を確認しました。


【ミユビシギ】
ミユビシギも多く、300羽以上を確認しました。このまま石川県の海岸で越冬する個体もいます。
miyubisigi_210914_d850_6329_1200.jpg

【ミユビシギ】
ミユビシギの幼鳥(後方5羽は成鳥)です。
miyubisigi_210914_d850_6378_1200.jpg

【ハマシギ】
ハマシギもいました。幼羽から第一回冬羽へと換羽中です。
hamasigi_210914_d850_6219_1200.jpg

【コウノトリ】
最近よく見かけるコウノトリです。
kounotori_210914_d850_6705_1200.jpg

【アマサギ】
アマサギがイナゴを捕食していました。
amasagi_210914_d850_6622_1200.jpg

【ノビタキ】
旅鳥のノビタキが姿を見せました。これから増えてくると思います。例年、ピークは9月下旬~10月上旬です。
nobitaki_210914_d850_6788_1200.jpg

【スナガニの巣穴】
スナガニの巣穴と砂団子を対角魚眼レンズで撮影しました。
210914_z5_0166_1200.jpg

【スナガニ】
砂浜にたくさん生息しています。
kani_210914_d850_6423_1200.jpg

【ホウロクシギ】
長い嘴を巣穴に差し込んでスナガニを捕食します。
hourokusigi_160720_2618_1200.jpg

アストロ光学LN4E 10cmニュートン反射赤道儀の外箱

店内の大掃除を続行中です。今日はアストロ光学のLN4E(10cmニュートン反射赤道儀)の外箱を発掘しました。2014年6月に入荷した中古品の箱だけが残っていましたが、店内スペース圧迫の一因になっていることから廃棄することを決定し、その前に記念撮影しました。

この望遠鏡、かつて(50年以上前・・・汗)金沢市中心部の眼鏡屋さんのショーウインドウで展示されていたことを思い出しました。とても懐かしいです。



210913_04.jpg

210913_03.jpg

210913_01.jpg

中古品の整理中です

数日前から、店内に散らばっていた中古品(主にアクセサリー類)を整理中です。いつの間にか店内のスペースをかなり圧迫していましたので、大掃除を兼ねて徹底的にやっています。完了後は店内とWEBで販売しますのでご期待下さい。(ジャンク品は原則として店頭販売のみとなります。)

下の画像は、店内から発掘した中古品の一部です。



店頭でのお支払いに関連して、キャンペーンのお知らせです。9/13~11/28にPayPay残高でお支払いすると、最大20%が戻ってきます。ぜひご活用下さい。
machi-paypaymatsuri_banner_300x320.jpg

品薄のセレストロンC11新品・在庫あります!

品薄の「セレストロン C11SCT OTA CGE(幅広プレート)」新品が1台のみ入荷し、即納できます。もちろんビクセン扱いの正規輸入品(2年保証付き)です。

次の入荷時期は来春になる予定です。C11をご検討中の皆様、即納できる貴重な機会をお見逃しなく! 価格も頑張りますので、メール、電話等でお問合せ下さい。
celestron_c11_210911.jpg

その他、以下の商品(すべて新品)も在庫があり、即納できます。特価お問合せ下さい。

・ビクセン SXP2赤道儀
・ビクセン ポラリエU
・K-ASTEC XY60/DS38R-60セット(ポラリエUに最適な極軸高度方位調整装置セット)
・Sky-Watcher BKP200/F800 OTA(D=200mm F4ニュートン反射鏡筒)
・Sky-Watcher AZ-EQ AVANT(三脚付き小型軽量赤道儀)
・笠井トレーディング 星座鑑賞用双眼鏡各種(SUPER WideBino36など4種)

今日の太陽

本日11時頃の太陽です。黒点が賑やかでした。



【撮影データ】
カメラ:Nikon D850
レンズ:AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
テレコン:TC-20E III(f=1000mm f/8)
減光フィルター枠:euro EMC SF100 600-106(笠井トレーディング扱い)
減光フィルター:BAADER アストロソーラー D5
絞りF10、1/500秒、ISO100、AF、手持ち撮影

今週の野鳥

昨日は石川県内の海岸などを一回りしてきました。シギ・チドリ類の渡りがピークを迎え、とても賑やかでした。

【オバシギ】


【ソリハシシギ】
sorihasisigi_210907_d850_5323_1200.jpg

【イソシギ】
isosigi_210907_d850_5530_1200.jpg

【シロチドリ】
漂着したエチゼンクラゲに乗っています。
sirotidori_210907_d850_5335_1200.jpg

【メダイチドリ】
medaitidori_210907_d850_4643_1200.jpg

【トウネンの群れ】
上空のミサゴに反応して飛んだ場面です。
tounen_210907_d850_4907_1200.jpg

【セイタカシギ】
水浴び後のジャンプです。
seitakasigi_210907_d850_5808_1200.jpg

【アオサギ】
サギ類がシタビラメを捕食する季節になりました。
aosagi_210907_d850_5106_1200.jpg

【白山】
雪が殆どない地味な白山です。河北潟干拓地内から500mm望遠レンズで撮影しました。
hakusan_210907_d850_4452_1200.jpg

「TTArtisan 7.5mm f/2 C Fisheye」 対角魚眼レンズを使ってみました

Nikon Zマウントの対角魚眼レンズ(DXフォーマット対応)「TTArtisan 7.5mm f/2 C Fisheye」を使ってみました。マニュアルフォーカスですので一般撮影には使いにくい(Fマウントのニコン純正AF魚眼レンズをFTZ経由で使うほうが快適)ですが、開放F値が2と明るいことから天体撮影用として注目しています。今回は昼間の撮影でF5.6に絞りましたが、出来るだけ早く絞りを開けて天体を撮影してみたいと思います。

海岸に漂着したエチゼンクラゲです。今年は久々に大量発生しそうです。
etizenkurage_210907_z5_dx_0093_1200.jpg

海岸で撮影した日暈です。


このレンズは金属製のしっかりした作りで、ヘリコイド等の操作感も良好です。但し、私が購入したものは∞にピントが合わない初期不良があり、いきなり修理(もちろん無償)となりました。
210828_03.jpg
リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ