【火星大接近に向けて】新品在庫品一覧

火星の観望や撮影に適した即納可能商品(新品)のご案内です。店頭渡しはもちろん、通販も可能です。ぜひお問合せ下さい。

● タカハシ μ-180C鏡筒:税込193,320円 完売御礼
  1台のみ即納です!

● 笠井トレーディング BLANCA-125SED鏡筒(ファインダー台座付き):税込216,000円
  1台のみ即納です!

● 笠井トレーディング ELS双眼装置(0.66xレデューサー付き):58,644円
  1セットのみ即納です!

● ビクセン HR1.6/2.0/2.4mmアイピース:各・税込30,240円
  ビクセン純正マルチアイピースケース(税込定価5,616円の品)プレゼント中!


下の画像はμ-180C(赤道儀はEM-11Temma2Z)です。
takahashi_mewlon180c_170405_01.jpg

タカハシμ-300CRSによる木星と火星

当店のお客様から最新の惑星画像が届きました。いつもながら凄い迫力です。特に、火星はこれからどんどん大きくなりますので今後が楽しみですね。

【木星】
FireCapture v2.5 Settings
------------------------------------
Scope=Mewlon300CRS Mikage260mount barlow3 ADC Auto Stakkert!3 Registax6
Camera=ZWO ASI290MC
Profile=Jupiter
Diameter=43.83"
Magnitude=-2.45
CMI=177.6° CMII=291.5° CMIII=163.0° (during mid of capture)
Date=180604
Mid=124940.093
Mid(UT)=124940.093
Duration=100.007s
Date_format=yyMMdd
Time_format=HHmmss
LT=UT
Frames captured=8539
ROI=1000x950
ROI(Offset)=120x0
FPS (avg.)=85
Shutter=9.392ms
Gain=345 (57%)


【火星】
FireCapture v2.5 Settings
------------------------------------
Scope=Mewlon300CRS Mikage260mount barlow3 ADC Auto Stakkert!3 Registax6
Camera=ZWO ASI290MC
Profile=Mars
Diameter=15.58"
Magnitude=-1.27
CM=112.2° (during mid of capture)
Date=180602
Mid=175829.221
Mid(UT)=175829.221
Duration=221.702s
Date_format=yyMMdd
Time_format=HHmmss
LT=UT
Frames captured=11163
ROI=768x602
ROI(Offset)=608x264
FPS (avg.)=50
Shutter=2.885ms
Gain=290 (48%)
2018-06-02-1758_7-win3.jpg

五藤光学6cm屈折赤道儀(中古品)

本日の入荷から。1970年前後の製品と思われますが、年式の割に綺麗で赤道儀の動作もスムーズです。焦点距離の表記がどこにもないのですが、1000mm程度と思われます。

6月6日追記:完売となりました。ありがとうございます。

180603_01.jpg

付属のアイピース、天頂プリズム、サングラス、ムーングラスです。
180603_02.jpg

笠井トレーディング「MS-BINO 20x100W」 の展示を開始!

星野観望に最適な射出瞳径5mm、見掛視界66°の大口径100mm双眼鏡です。アイレリーフは20mmと余裕たっぷりです。頑丈な作りながら3.2kgと比較的軽量で防水仕様となっています。展示を開始しましたので、ぜひ操作感や見え味を確かめて下さい。価格は税込49,680円です。(三脚、雲台は別売です。)



kasai_ms_bino_20x100_02.jpg

新規入荷の中古品など

先日、Mamiya M645 1000Sを紹介しましたが、新たにMamiya 645 PROが入荷しましたので2台を並べてみました。


しばらく前に入荷したタカハシε-130初期型ですが、点検・整備を完了しました。
6月1日追記:店頭にて完売となりました。ありがとうございます。
180530_02.jpg

EOS 6DのHKIR改造ボディが入荷しました。
6月1日追記:完売となりました。ありがとうございます。
180530_01.jpg

ビクセンの無料情報紙「SO-TEN-KEN」最新号です。
180531_01.jpg

笠井トレーディングの国内販売25周年記念セール/第2弾に協賛!

笠井トレーディングの国内販売25周年記念セール/第2弾として、25品目の人気製品が一挙に大特価放出されています。当店もこのセールに協賛し、同一価格で販売しますので宜しくお願い致します。

このセールは2018年8月10日までの期間限定で、各商品の在庫払底次第、順次終了となります。
最新の状況は以下で確認して下さい。(笠井トレーディングのWEBサイトにリンクしています。)
★★ 国内販売25周年記念セール/第2弾 ★★

ご不要機材の下取交換も大歓迎です。ぜひご検討下さい。

セール対象品の1つ、BLANCA-115EDTIIです。
(ファインダーはオプションです。ビクセンSX2赤道儀とSXG-HAL130三脚は別売です。)
通常価格181,440円 → セール特価154,224円 15%OFF!(税込)
blanca110edt2_160512_03_20180528231335ef6.jpg

BLANCA-115EDTIIによる月面の作例画像です。
moon_160512_blanca115edt2_6501_1120_2_20180528231333f16.jpg

タカハシCA-645(中古品)

先日入荷したタカハシFC-100鏡筒にはマミヤ645取付用のCA-645と補助リングが付属しています。当店にマミヤ M645 1000Sの中古品が在庫していますので、記念に装着してみました。今の時代、このフィルムカメラで撮影する人は殆どいないでしょうが、内径の大きなマウントですのでマウントアダプター経由でフルサイズのデジタル一眼レフやミラーレス一眼カメラを取り付けて運用するのも良いかもしれません。



180526_02.jpg

旅の記録

オーストラリア遠征の記録です。

5月11日の午後、小松空港から羽田空港に向けて出発しました。


離陸後、白山連峰が良く見えました。
P1000160.jpg

あっという間に富士山の近くを通過。
P1000182.jpg

羽田空港からは夜間飛行でシドニーへ。夜が明けるとオーストラリア上空でした。
P1000264.jpg

興味深い地形ですね。
P1000287.jpg

シドニーに到着です。
P1000346.jpg

シドニーを飛び立ち、タムワースへ。
P1000394.jpg

豪快にドーンと着陸(汗)。
P1000526.jpg

シドニーからタムワースまではこんな飛行機に乗りました。
P1000433.jpg

レンタカーはトヨタRAV4。
P1000440.jpg
          ・
          ・
(その後、クーナバラブラン近郊で星見と鳥見の日々)
          ・
          ・
5月17日、シドニーから羽田まで夜間飛行。夜が明けて羽田に到着しました。
P1000565.jpg

羽田から小松まで飛行中です。富士山が良く見えました。
P1000619.jpg

日本アルプスも見えました。
P1000633.jpg

金沢市の西側(日本海)を通過。手前はバードウォッチングのメッカ、健民海浜公園(通称=普正寺の森)です。
P1000651.jpg

当店の近くも通過し、小松空港に着陸。遠征は無事に終了しました。
P1000659_3.jpg

サイディングスプリング天文台

クーナバラブランに滞在中、口径3.9mの大望遠鏡(アングロオーストラリアン望遠鏡)を備えたサイディングスプリング天文台(Siding Spring Observatory)を訪ねました。オーストラリア国立大学が運営しています。

駐車場から見たビジターセンター、そして3.9m鏡を収めたドームです。


ビジターセンター内の展示スペース(入場料5.5ドル)です。
siding_spring_observatory_180516_d850_9497_1200.jpg

ビジターセンター内には軽食や土産物コーナーもあります。
siding_spring_observatory_180516_d850_9502_1200.jpg

3.9m鏡を収めたドームです。
siding_spring_observatory_180516_d850_9531_900.jpg

今回は特別にドーム内を見学させて頂きました。通常は入れません。
siding_spring_observatory_180516_d850_9587_1200.jpg

別角度から。さすがに巨大です。
siding_spring_observatory_180516_d850_9537_1200.jpg

副鏡の交換により様々な仕様に変化します。
siding_spring_observatory_180516_d850_9571_1200.jpg

光学系と鏡筒は英国グラッブパーソンズ製、架台と制御系は三菱電機製でした。
siding_spring_observatory_180516_d850_9665_1200.jpg

3.9m鏡以外にもさまざまな観測機器が設置されています。
siding_spring_observatory_180516_d850_9624_1200.jpg

siding_spring_observatory_180516_d850_9638_1200.jpg

ドームの外側を一周し、雄大な風景を楽しんで来ました。海抜1,165mとのことです。
siding_spring_observatory_180516_d850_9644_1200.jpg

シドニー天文台

シドニー到着後、飛行機の乗継までに時間がありましたので、シドニー天文台を見学してきました。1857年から1859年にかけて建設された、オーストラリアで最も古い天文台とのことです。



sydney_observatory_180512_d850_6252_1200.jpg

sydney_observatory_180512_d850_6270_1200.jpg

sydney_observatory_180512_d850_6286_1200.jpg

sydney_observatory_180512_d850_6277_900.jpg

sydney_observatory_180512_d850_6264_1200.jpg

sydney_observatory_180512_d850_6291_1200.jpg

sydney_observatory_180512_d850_6297_1200.jpg

シドニー天文台から見たハーバーブリッジ(定番の観光名所)です。
sydney_observatory_180512_d850_6250_1200.jpg

かの有名なオペラハウス(世界遺産)です。シドニー天文台から徒歩圏内です。
180512_d850_6303_1200.jpg
リンク
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ